このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット接続機について

それまでのパソコンはそれぞれ異なる目的で使用されているものでした。
研究機関が利用していたり、あるいはプログラミング、グラフィック、ゲームなど、パソコンは千差万別な理由で用いられていたものでした。
ですがwindows98の頃になってくると、インターネットが身近なものになってきた事もあり、パソコンは「インターネット接続機」といった意味合いがとても強いものになってきたのです。
インターネットで様々な事が行なえるようになった事などから、インターネットへの興味がとても高い世の中になっていたのです。
興味本位でインターネットを楽しみたい。
そのような人にとっては今でこそ携帯電話やスマートフォン、タブレットといった選択肢がありますが当時はまだパソコンだけしかありませんでしたから、自ずとパソコンの注目度が高まっていく事になっていったのです。
パソコンは「パーソナルコンピューター」の略ですが、この頃になるとパソコンは「インターネット接続機」としての顔が強くなっていく事になっていったのです。
インターネットの世界も徐々にですが発展していく事になるのですが、それはパソコンを入手し、多くの人がインターネットがどのようなものなのか興味を抱く事により事業が発展していった面もありますので、パソコンこそがインターネット文化を作り上げたといっても過言ではないのです。
今でこそ様々な選択肢がありますが、当時はまだパソコンくらいでしたしね。

最近の急上昇ワードパソコン関連のハナシは、すぐわかるこのサイトでチェック